限度額のシミュレーション方法

ふるさと納税で控除される税金(所得税、住民税)の最大控除額は、年収や家族構成で異なります。この控除限度額を正しく把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率よくふるさと納税を利用する事ができます。ふるさと納税をはじめるには、まず、この限度額を確認する事が重要です。

限度額を簡単にシミュレーションするには、いくつかの方法があります。ただし、あくまで医療控除、住宅ローン控除を受けていない等が前提条件となっていますので、注意して下さい。

  1. ふるさと納税ポータルサイトで確認する
  2. 年収、家族構成より限度額を早見表から確認する
  3. 総務省の控除額のシミュレーション(エクセル)で確認する

ふるさと納税ポータルサイトで確認

さとふる楽天ふるさとチョイス等のふるさと納税ポータルサイトでは、年収、家族の人数を画面から入力するだけで、自己負担額が2,000円に収まる限度額を簡単に計算(シミュレーション)してくれるサービスがあります。会員登録していなくても利用できますので、こちらで確認することをお薦めします。

年収、家族構成より限度額を早見表から確認

年収、代表的な家族構成の限度額を早見表から確認できます。このサイトでも「ふるさと納税 限度額 早見表」を作成していますので、参考にして下さい。早見表をから確認する場合、配偶者が専業主婦か、高校生以上の子供が何人いるかで金額が変わってきます。

要は、配偶者、子供ですでに税金の控除(減額)を受けている場合は、ふるさと納税で自己負担額が2,000円になる限度額が低くなる仕組みになっています。ですから同じ年収でも配偶者、子供がいない独身者の限度額が一番高くなっています。

控除額のシミュレーション(エクセル)で確認

こちらは、総務省が提供している控除額のシミレーションです。エクセルファイルをダウンロードして収入、家族構成を入力すると限度額を計算してくれます。ただ、エクセルファイルをダウンロードして使用する必要がありますので、スマホなどエクセルソフトがない場合は利用できません。

入力手順は、ふるさと納税ポータルサイトと同じですので、エクセルが使えない、ダウンロードが面倒な場合は、ふるさと納税ポータルサイトを利用して下さい。

総務省 控除額のシミュレーション(エクセル)のダウンロード